あたらめて来間島を紹介~長間浜~

宮古島来間島9

宮古島来間島

宮古島来間島12

宮古島来間島7

宮古島来間島5

くどいですか?これが長間浜のパワーです。こんなビーチは日本、いや世界でもなかなかないんではないでしょうか。
やさしく、つぶつぶサイダーのように淡く、碧く、どこまでも透明で…
パウダーのような白砂のビーチに寝転べば、全てを忘れ、リセットすることができます。
ヤッカヤッカからは車で約5分くらいでしょうか。自転車でもそのくらいのような気もしますが…徒歩で行く方もいらっしゃいます。
長間浜の全長はかなり長く1kmくらいはあるかも知れません。適当ですいません…
長間浜への入口は二つ。
ビーチの南端にひとつ。こちらは看板がたっているのでわかりやすく駐車場もあります。
ビーチへ繋がる林の小道が、碧い海への期待感を増幅させます!
期待を裏切りません。というかそれ以上でしょう。
ここからでる正面の海は、波に浸食された変わった形の岩が幾何学模様のような感じで点在して、海の中はシュノーケルポイントです。
有名なクマノミがたくさん見られるクマノミマンションもこの近くです。がんばって探してくださいね。

さらに、ヤッカヤッカ的に本命の入り口は北側です。
すでに草ぼーぼーでどこが入口がわからないような状態になっていますが、
そこから出るビーチは、まさに天国ビーチの昼です。
海の中はサンゴなど一つもなく、どこまでも白い砂の海底が沖まで続いています。
ということは、海の色は超きれいなシアンブルー。
水マニアックスの方、大好物なはずです。
サンゴや魚に目もくれず、ひたすら海底に描かれる太陽光の光の紋様楽しみ、
水中をどこまでも続く、白砂と透明な水のつく出す宇宙の中に身を浸し続ける。
これはもう、瞑想です笑 ヨガです。
海から出る時、したたりおちる透明な水が、心のよどみも洗い流してくれるようです。
どうでしょうか。シュノーケルも瞑想も楽しめる長間浜。
たっぷり来間島の自然にチャンネルを合わせて、リフレッシュできること間違いなしです。

いつまでも、この海が憂き世を忘れさせてくれるように、みんなできれいに保っていきたいものです。
来た時よりもきれいに。スローガンです。
宿もはじめたので、少し来間島の紹介もあらためてしていきたいと思います。

来間島に住まうプロジェクト
来間島の空き家に住んで、子供も大人ものびのび育てませんか。

空き家情報はこちら
こちらのページに情報を集約します。

また、来間島の空き家のお問い合わせの際には
その後のご連絡等スムーズに行うために現在お住まいのご住所とお電話番号もご記入くださいますよう、よろしくお願い致します。

2 Comments »

  1. 6年前初めて沖縄県に訪れた時、台風の最中見たのが長間浜です。
    友人はたびたび訪れていましたので、人のいない浜を見たいと無謀にも
    見に行きました!
    砂の白さと浜の長さが記憶に残っています。
    その後もちろんシュノーケリングをして感動したの始まりです。
    長崎浜、プールから穴を抜けて出たポイントにまた感動!
    漁港から出て竜宮展望台前のポイントにまた感動!
    車間島の周りの殆どは潜っています。
    写真とまぶたの裏に記憶として残っていますので
    行きたくて仕方ありません。そのうち行きますね~♪

    Comment by Dady-Long-Legs — 2012/2/5 日曜日 @ 2012/02/05 9:35
  2. 最高のビーチですよね。
    まさに夢に描くビーチ。
    このまま、何も人工物がのないビーチであってほしいものです。

    Comment by yasuo mondo — 2012/2/6 月曜日 @ 2012/02/06 21:31

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License.
(c) 2019 来間島(宮古島のわきっちょ) Yacha Yacha/ヤッカヤッカ | powered by WordPress with Barecity