スツウガンに台風接近!

宮古島結婚式

クリエイティ部、6月は挙式多し!ということで島を縦横無尽に走りshoot shoot shoot!なわけございますよー。
草原を走る新郎新婦なベタな設定、このベタ過ぎる設定が笑顔に繋がります笑

さてとー昨日は、来間島の行事スツウガンでした。
スツウガンは、来間島の集落内2か所に男たちが集まり道路を占拠、車座になって飲むという素朴?というか横暴??かつ
アナーキーな行事!しかも参加すれば、その家々に福をもたらす!もうこれは参加するしかありません。

ということで、行って来ました。
しかし、あいにく雨降り。
地べたに座って飲む毎年のスタイルが今年は無理。
ということで、早々に来間ガーという井戸にいってお祈り。
そして、屋根のある港の東屋で飲んだり食べたり。
この日のものは全て縁起もの!残すわけにいきません!
おいしくいただいたうえに、地元の貝の酢の物をヤッカヤッカのスタッフの皆さんとか
お客さんにもと、いただいてきました!
これでみんな、今年1年、福にまみれます!

そして、数日後には、今年発の台風にまみれそうな来間島。
そんなに大きくもなく、被害は微々たるものでしょうけど、これが風に弱い植物たちへのダメージは大きい。
去年は楽しみにしていたパッションフルーツも収穫真近で全滅。

最近、ようやく力をつけて、ぐんぐん伸び始めていたのですが、数日後のタイフーンダメージが心配です。
島バナナも刈り取りの時期を早めないと。

庭になったパッションや島バナナを見て、すごく豊かな気分に浸っていたのですが、自然には敵いません。
少しでも遠い進路を通ってくれる事を祈るばかり。

そろそろ梅雨明け。
せめて台風が、前線を連れ去ってくれるとうれしい。

best of beach in miyakojima

晴れた日の昼下がり。
ふと思い立って池間島のなじみのビーチへ。
イキズビーチというビーチ。
あたりに人っ子一人いません。
東屋のお父さんをのぞいては。

ビーチは南に面して、超絶きれいな青。
きれいな弧を描く砂浜。
広過ぎず、狭過ぎず。

いつまでも、いちまでん、大切にしたいですねー

祝GW

植物園。静か…

天候も梅雨にしてはまずまず。
観光客の皆さんも少し、ほっとしてることでしょう。
120%、宮古島の感じちゃってください。

カフェスタッフ急募です!

来間島2
カフェスタッフで欠員がでました。
4月中旬から1ヶ月以上勤務可能な方。

給与 時給 ¥650
週3日以上。
弊店建物内の宿泊室に住み込み可。
勤務時間 AM10:00~PM6:00くらいです。
厨房施設の関係で身長が158cm以上必要です。

詳しくは、ご連絡ください。

島の自然の中で、打ち合わせ

IMG_3685
学びの森の遊歩道。
宮古島のケーブルテレビ、宮古テレビの近くにある森。
島の原生林といった趣で、獣道を行くと島の太古の歴史に想いを馳せます。
朝8時の時点で、結構みなさんウォーキング。

IMG_3689
道の脇には、宮古ぜんまいオオタニワタリが自生しています。

というわけで、早朝から学びの森へ行って来ました。
係わっている大きなプロジェクトの件で、呼び出されたところが学びの森w

二人で森の中を歩きながら、プロジェクトの進捗確認や今後の課題について話しました。
話しつつ、なんか豊かな気持ちになりました。
なんて贅沢な打ち合わせなんだと。
机上で交わす内容とは、一味違う内容だったと思います。
ゆったりと余裕のある会話。
回りの自然がそんな気分にさせてくれる。
これは、いいかも知れません。
ちょっとお酒が残っていましたが…
なかなか有意義なひととき。

ランチが350円プランをはじめました!

DSC_1971

宿家ヤッカヤッカに宿泊される方は、ヤッカヤッカのランチが¥350で楽しめるプランをはじめました♪
期間:~2012年6月30日
★ランチは、お一人様一日一回のご利用に限らせていただきます。
★2012年4月29日~5月6日までの期間はご利用になれません。
※特にランチタイムの制限はありません。
※売り切れの場合はご容赦ください。
※木曜日は定休日のため、ご提供できません。
※その他、臨時休業や島の行事で休業の際はご提供できません。

ちょこちょこ宿家、ご利用いただいています。
ありがとうございます。
ちょっとおもしろいや、ヤッカヤッカならではのプランを考えたいと思っています。
島らっきょ狩りプランとか笑
後、旅の記念撮影プランとか。楽しそう。
冊子にしていまうとまた、楽しそう。
完全に趣味の領域ですが…
うーんやってみたい。

ひとまず、お得ランチプランご予約お待ちしております♪

あれから1年。それでも人は、前を向く。

IMG_2897
とある島のビーチでクリエイティ部、撮影部活動。

IMG_2855
砂に散るブーゲンビリア。

あれから1年。震災から1年。

それまで人々が築き上げてきた様々なものを、自然は一瞬で破壊した。
人は、あまりにも小さく無力であると知る。
それから、この国の人々は、生き方を模索する旅に出始めた。


それでも、人は前を向いて歩んでいけると信じたい。子供達にも計りしれない試練を与えた。
なんとか、なんとか、なんとか、未来を見据えて欲しい。

そして、原発&放射能。
一刻も早くこのバイオレントなシステムを放棄して欲しいと、個人的に願っている。

今年も宮城のおいしいお酒を、たくさん飲むとしよう。

今夜、来間の空の下で

IMG_2798
豪快。ちょっと前ですが、みっちーがおいしいよという料理を作ってくれました。
白菜after豚肉after白菜…と、どんどん積み重ねて後は、ダシの素をふって蒸す。
食べるとき、ポン酢を合わせるとさらにおいしい。さっぱり。
ひとつ屋根の下。みんなで食す笑

赤の他人が、ある日ひとつ屋根の下で
お互いに少しの不安を抱え、暮らし始める。
数か月、生活というものを、この島でやってく。
色んな人が来て、色んな人がどこかへ帰っていった。
みんないい人達だった。
ここへ来て、みんなに何か残せたのかな。
点でも、染みでも。
きっとみんなどっかで、
ぶつかったりへこんだりしながらやってるんだろうな。

今夜、そんなことを想いつつ、多良川を飲ってやろう。
暖かい夜のはず。
どこかかから、またかよ…の声が聞こえてきそうだ笑

« 前ページへ次ページへ »
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License.
(c) 2021 来間島(宮古島のわきっちょ) Yacha Yacha/ヤッカヤッカ | powered by WordPress with Barecity