第二回「ゆくりば」のご案内

第二ゆくりばチラシ
第一回は、エコアイランド×ソーシャルデザインということで、ヤッカヤッカで開かれた「ゆくりば」。
井戸端会議のように気軽にエコと宮古島をテーマにみなさんでお話しましょうという会です。
今回は
市民目線で考える エコアクション!!
という事で、今までの宮古島市のエコアイランドや環境政策は、どちらかというと市が主体的に方向性を決めてきました。
でも、よく考えたら本当はわたしたちの島暮らしに深くかかわる事。。。本当はわたしたちが主体。
自分たちのことは自分たちで。
そんな動きがここ数年強まり、わたしたちの島でもそのようなムーブメントが起きつつあります。
今回のゆくりばは、市民のみなさんで、もう一度エコアイランドを持続可能な島創りを考えて頂けませんか?という市からの問いかけから始まりました。
大きな変化が起きようしているのかも知れませんね。

ぜひ、みなさん、特にこんかいはご家庭を持つご夫婦の方などから、ご参加があるとベターだそうです!
例えば、省エネ家電の買い替え支援をする事で、CO2削減に繋がる制度作りなど…
このような社会制度と言われるものや、広くは私たちが参加しやすいエコなコミュニティについて
みんなで、ゆくりばいかがでしょう!

2017年7月2日(日曜) 午後3時~
宮古島市平良庁舎6階 会議室

カフェスタッフ+クリエイティ部部員もWanted!!

Still0116_00014

Still0116_00010

先日は、お店を貸し切っての島の活性化に関するワークショップでした!
島外から参加者を募ってよそ者目線で、島の良いところや課題を話し合い盛り上がりました!

ヤッカヤッカではこうしたコミュニティーや地域の活性化に繋がるアクションに、
今後も積極的にご協力をさせて頂こうと思っています。
宮古島/来間島を考える。これはヤッカヤッカを始めたころからの大事なテーマなのです。

さて、そんなヤッカヤッカで働き、一緒に島暮らしを楽しんでくれる仲間を募集しています。

今回は業務拡張につき、クリエイティ部部員もさらに募集したいと思います。
遊ぶように仕事しよう♪


■カフェスタッフ募集

4月中旬からできる方1名募集します。

・時給  720円~
・勤務時間  10時~18時、11時~19時
(目安ですので、季節などで変動します。)
・勤務日数  基本週6日勤務(変動あり。詳しくは面接時)
・勤務内容  接客、調理補助または調理
・勤務期間  長期、または繁忙期のみ(1ヶ月以上)


・住込み可
・年齢  40歳くらいまで
・明るく元気な方、体力のある方
・自然が大好きな方
詳しくは、ご連絡ください。

——————————————————-
■ヤッカヤッカクリエイティ部部員募集
待遇:ご経験や、やりたい事などをお話しして決めましょう。
内容:コミュニケーションの設計・開発から運用までやります。クリエイティブでこの島をおもしろく、美しくします。
応募条件:心身ともに健康で明るい40歳前後までの男女。グラフィックデザイン・webデザイン・映像制作・企画等経験者優遇
期間:1ヶ月以上。

詳しくは、ご連絡ください。

——————————————————-

地元クリエイターに愛されるお洒落ローカルカフェ

名称未設定-1

地元クリエイターに愛されるお洒落ローカルカフェに掲載されました♥♥♥
うれしいです。
あのLIGさんのエントリーです。
そして、あのLIGさんのディレクターはなんと元ヤッカヤッカスタッフの、のんちゃんなのですっ!!!

クリエイティ部のあるヤッカヤッカとしては。部活動冥利につきます。
地元クリエイターに愛されているかどうかはクリエイティ部として調査不足で解りませんが、そうありたいと常々思っているしそうあるべきだと思っています。
クリエイティブが島を救う…くらい思っています。
なので、そのベースのひとつとしてヤッカヤッカがあればこんなうれしい事はありません(早く光ファイバーを来間へ。お願いね沖縄県さん)
また、真剣に素敵クリエイターの方々が島暮らしをして欲しいと願っています。
そのような方々が、島の子供達をクリエイターとして育ててくれたらなかなかハッピーじゃないですか??
100人のオペレーターより1人のクリエイターの方が島に与える影響は大きいように思います。

ともかく、もっともっと寛いでいただけるように、お店を作りこんでいけたら…と思っています。道はまだ半ばなのです。

ヤッカヤッカ的に移住について考えてみた

_MG_5592
長間浜。水浴び。

久々にまじめなテーマ。
友達から教えてもらったのですが、オキナワ移住LIFE HACKという今どきなサイトにヤッカヤッカをご紹介頂いたようです♪
ありがとございます!
写真では看板が風で傾いてますが、今は直しておきました笑
はい、ぜひ住んでください。
カフェスタッフとしてでもいいですし、ライフハックな今風な人でもいいし、クリエイティ部活動してる人でもいいですししたい人でもいいです。
最近、日本の施策もあって「地域に移住する」というテーマが盛り上がりつつあります。
どこまで本気で移住しようと思う人達が出てくるかはまだ未知数だとは思いますが…
オキナワ移住LIFE HACKさんのようなサイトが立ち上がったのには、今的な時代を感じます。
インターネットと光回線の普及、デバイスの進化がもたらした新しい移住ブームが起きるのでしょうか。

実はヤッカヤッカではカフェより宿より先に、クリエイティ部を最初にはじめました。
移住を決めた10年程前に宮古島市が合併すると聞き、miyakojimacity.jpを即効取得したのもその頃でした笑
結局、来間島に導かれたのですけど笑
kurimajima.jp、kurimajima.okinawa、空いているようですけどね。
島に光回線が通ったのもこの頃。
あれからはや10年…という事はこのブログも10年…
皆さんとのコミュニケーションを取るオウンドメディアとして本当に力を発揮してくれました。
クリエイティ部冥利に尽きます!
結構、移住用の参考情報としてもご利用いただいているようです。
まさしくそんなイメージでも部活動しているわけです。
素敵な島に素敵な人々が集まれば、その島はさらに素敵ななるはず。
ヤッカヤッカクリエイティ部としては、クリエイティブで島を盛り上げたい!と思っています。
というか、これからの島にはクリエイティブのパワー必要不可欠。
内地で経験を積んだクリエイターが移住して、島の若手や子供達を育てる…なんて事ができたら最高です。

移住しやすいのはやはり、web系のクリエイターやエンジニアでしょう。
ヤッカヤッカクリエイティ部も最初は、メインはweb開発(デザイン設計)でした。
今のようにノマドもクラウドワーキングもない時代だったので、かなりのチャレンジでした。
ポイントは内地でしっかり実績を作った事と、仕事を出してくれるルートを確保できたこと。
そして、宮古島に光回線がきたこと!!
これらが無ければ、このライフスタイル、ワークスタイルの確立は難しかったでしょう。
クライアントの確保もラッキーでしたが、光回線の恩恵は素晴らしいものでした。
ただし、映像系のクリエイターさんは、まだまだノマドは厳しいでしょう。
実際、映像案件はHDDごと郵送して仕事したりしていました。
内地との打ち合わせもwebカムをつけて色んなツールを試しました。最初はスカイプ。次ぎにwindowsメッセンジャー、今は主にgoogleハングアウト、これが一番レスポンスが良い気がしますがどうなんでしょう。
そんな感じで部活動と称してやってきた訳ですけども、時代はずいぶんと変わりました。
今はネットで仕事も格段にしやすくなりました。
仕事さえ確保できるクリエイターであれば、距離は関係ないと経験上言っちゃいます。
また、ネットで仕事を受発注するシステム(クラウドワークスとかランサーズ)も一般化しつつあるので、あらかじめ内地でクライアントを開拓…という線だけでもないかも知れません。
さらに、最近はIT企業が地域に拠点(サテライトとか)を置く傾向にありますから、そこで働くという選択肢もあり得ます。
ここ宮古島でも近い将来、そうした企業が出てくるはずですので、そうすると移住のハードルもぐっと下がると期待できます。

web以外ではどうなのか…
グラフィックデザイナーの知人が10年ほど前に九州に移住しましたが、やはり実績もありますしクライアントも抱えていたので移住できたんだと思います。
クリエイティブ系島民の立場から言えば、ビジョンやブランドの施策を立案でき実施できる人、そしてちゃんと実績ある人が移住してきてくれたらいいなーと
都合のいい事を言っておきます笑
このようなプロデューサー的な人材は、宮古島というか沖縄ってことでしょうけど慢性的に不足していて、一番必要なクリエイティブ系人材のような気がします。
やはり仕事のある東京に固まってるという事なんでしょうね。。
でも、そうした人材が一人くらいなら宮古島で食べていけそうな気がします。出来る人なら他の島からもお呼びがかかるかも…
ということでなんとなく、宮古島にもそろそろ出来るクリエイターが移住してくるかも!という期待感からのポストでした。
出来るクリエイターがまずは島のクリエイティブシーンの素地を創り、そこにアシスタントクラスの方々が乗っかってくる。。。
というのが無理のない流れではないかなと!
ぜひ、移住の際はヤッカヤッカクリエイティ部にコンタクトしてみてくださいね♪

長くなりましたがカフェスタッフ、募集です↓

—————————————-
■カフェスタッフ1名募集
リニューアルオープンに伴い新規スタッフ募集!!

・時給  700円~
・勤務時間  10時~18時、11時~19時
      (目安ですので、季節などで変動します。)
・勤務日数  3~6日(変動あり。詳しくは面接時)
・勤務内容  接客、調理補助または調理
・勤務期間  長期、または繁忙期のみ(2ヶ月以上)
・住込み可(水道光熱費込みの家賃3万円~3万6千円)
・年齢  40歳くらいまで
・明るく元気な方、体力のある方
・自然が大好きな方
詳しくは、こちらからご連絡ください。

離島クリエイティ部として、最近の所感

ヤッカヤッカのマンゴースムージー。かなりのどごしにこだわっています。もう何杯でもいけちゃう感じ!!

ヤッカヤッカでは多面的に色々やっています。カフェを中心に。
その中でもクリエイティ部の部活動は欠かせません。
ヤッカヤッカのカードから始まってホムペに広告。
しまいには動画までも創っちゃって、ヤッカヤッカを盛り上げている?陰の立役者!(かな~笑)
沖縄の離島、宮古島のそのまた離島の来間島という離島で(離島、離島ってうるさくてすいません)
クリエイティ部と称して活動してきた訳ですが、最近この沖縄を含む離島回りのクリエイティ部化が進んでいる気がしてなりません(妄想?)。
一番、びっくらこいたのがこれ!!
石垣島クリエイティブフラッグ!何これ~こんなのはじめっちゃったの!と発見した時は思いました。
しかも石垣市主催になっています。
市がクリエイティ部部長になってですね、石垣島に縁のあるクリエイティ部員を全国から勧誘するというおいしすぎるプロジェクト。
かなり挑戦的なプロジェクト。
うまくいけば石垣島の魅力度数値は、数倍に跳ね上がるとみられている(ヤッカヤッカ総研)。
最近の石垣島はとにかくクリエイティ部。
クリエイティ部の部活動が大好きで、重要性をよく解ってらっしゃる役人の方がいらっしゃるのでは…
とにかく、離島の端っこクリエイティ部としても大注目のプロジェクト。
ただ、同じクリエイティブな事をするのなら、断然宮古島がおススメです。
クリエイティ部立ち上げ前は、本島も石垣島も当然調査しました。
でも、やっぱり宮古島を選びました。だって超絶きれいな海がすぐそこなんだもん。
それ以外何が入りますか?きれいで美しいクリエイティブには、超絶美しい海が必要です(断言してみました笑)。
こちらも、おもしろいこと、もっとしたいと思いを強くするのでありました。
仲間、募集!(してみます)

「ぼくたちの場所~来間小中学校フォトプロジェクト~」支援のお願い!!
東京に来間島の子供達が、島の風を運びます…
ぼくたちの場所、クラウドファウンディングページはこちら!!


島茶家ヤッカヤッカではカフェスタッフ募集です。
期間 2014年7月から~
給与 時給 ¥670~
週3日以上。
弊店建物内の宿泊室に住み込み可。
勤務時間 AM10:00~PM6:00くらいです。
厨房施設の関係で身長が158cm以上必要です。

詳しくは、ご連絡ください。

宿のヘルパーさん、募集しています!
期間 2014年7月から~
待遇:宿泊室貸与・食事三食付き(食材の自由に使って調理していただけます。)
内容:施設修繕や掃除。食事準備など。
応募条件:心身ともに健康で明るい40歳前後までの男女。
期間:1ヶ月以上。
※ブライダル写真&ビデオ撮影(アシスタントは未経験可)やグラフィック&webデザインのご経験がある方は、
ヘルパー兼務で、スポット案件ですがお手伝いいただく事も可能です。ギャラもお支払いします。ご相談ください。

詳しくは、ご連絡ください。

世界がフラットなら、楽園から世界を変えられるんじゃないか?

世界がフラットなら、楽園から世界を変えられるんじゃないか?

今日は超まじめなお話。
しびれるタイトルで@ITというIT情報系サイトで、Re:chargeの取り組みが紹介されました。
着想から約2年。
なぜ、始めまったのか。
なぜ、こだわるのか。
なぜ、続けるのか…
その全てがわかる内容となっています。
まさに挑戦につぐ挑戦。
なにぶん、全てが始めて尽くしのプロジェクトです。
一進一退が続きますが、来年は次の一歩を踏みしめるために、島の神様にも一年を報告をしておこうと思います。

遅くなりましたが、ヤッカヤッカから皆様に。
メリークリスマス(≧▽≦)

宮古島から考える新しいライフスタイルとIT

Splasssh in Miyakojima 2013(2013年10月4日、Book Cafe BREATHE)
イベントを企画しました!
ITを通じた新しい地域あり方をテーマに、本土のITシーンの第一線でご活躍されている豪華なスピーカーをお迎えしてのセッションです。
ホームページを作りたい。
ホームページはあるけど、どうしたら想いを届けられるのだろうか。
地域課題の解決にIT・webを取り入れられないだろうか。
他地域の成功事例はどうなのだろうか。

特に離島地域ではwebによる情報発信が何をするにおいても重要です。
web業界のトップアスリートがここ宮古島に集結するとは、ミラクル!
ぜひ、重要なヒントを授けていただこうではありませんか。

今回は特別に、島のショップや中小企業様向けの内容もありますのでぜひご来場下さい!
イベント後には懇親会もあります。

来間島の宮古島の未来は明るい!いや明るくしたい。明るくしましょう♪

また、新しく設立した会社のベータ版サイトも公開しました。

たまにはマジメなご報告!

IMG_9914

まずがーっと(方言で、まずざぁーっと見て!)見てください。下の記事を!!!!
iPhone+GPS+HTML5が支えたトライアスロン大会
キタキタキターッ!
@ITにずどんときちゃいました。
島カフェで、ルードな島宿なのに、先端いっちゃってないですか!?
そうなんですよー。
クリエイティ部、どっぷりこの1年半、妄想を含めてRe:chargeなるプロジェクトに参画しているというのは、以前よりこのブログでお伝えしている通り。
その活動がひとつ結実したのが上のiphoneアプリプロジェクト「いまどこ?」なんです~!
簡単に説明すると、トライアスロンで使用される数十台の車両の位置をリアルタイムで特定するシステム。
Re:chargeのメンバーと商工会議所の青年部の方々と、おもしろおかしく(まあ、そればっかりではなかったのですが、基本こういった事は楽しくないといけませんっ)開発・運用。
自分達の得意分野を活かす形での地域貢献。
この島に来た時から、ずっと考えてきた事がひとつ形になりました。
本当に感じたのは、やりがいの質。
大げさに言えば、自分の存在価値を感じる事ができました。
そして、みんなで出来たということ。
一人では出来なかったということ(というか、ちょっと絡んだだけなんですけど…)。
島人も内地の人も、一緒にひとつの仕事をやり遂げる。
お互いに相手の気持ちになって、歩み寄る事の大切さ。
相手を信じるということは、自分を信じるということ。
色々と考え学び、こんな清清しい仕事をしたのは、初めての経験でといっても良いでしょう!
さあ、次は何を君としよっか。

ということで(パターンですが)、何かする前に
カフェスタッフ体験とか、ヘルパーさん体験とかいかがでございましょうか?

島茶家ヤッカヤッカではカフェスタッフ募集です。
期間 2013年8月中旬~
給与 時給 ¥660~
週3日以上。
弊店建物内の宿泊室に住み込み可。
勤務時間 AM10:00~PM6:00くらいです。
厨房施設の関係で身長が158cm以上必要です。

詳しくは、ご連絡ください。

宿のヘルパーさん、募集しています!
待遇:宿泊室貸与・食事三食付き(食材の自由に使って調理していただけます。)
内容:施設修繕や掃除。食事準備など。
応募条件:心身ともに健康で明るい40歳前後までの男女。
期間:2013年8月~1ヶ月以上。
※ブライダル写真&ビデオ撮影(アシスタントは未経験可)やグラフィック&webデザインのご経験がある方は、
ヘルパー兼務で、スポット案件ですがお手伝いいただく事も可能です。ギャラもお支払いします。ご相談ください。

詳しくは、ご連絡ください。

次ページへ »
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License.
(c) 2017 来間島(宮古島のわきっちょ) Yacha Yacha/ヤッカヤッカ | powered by WordPress with Barecity